就職活動の面接の現場

就職活動とは

就職活動の現況

大学生の就職活動

就職面接とは

面接対策の要点

就職活動の面接の現場

就職活動って大変・・・

面接の重要性

日本経済の低迷が、就職状況に大きく影響します。格付け業者によるアメリカ国債の格下げが、ドルの信用と先行きの不安感を招き、ドルを売って円を買う人が増えています。そのため、円高が進み、貿易立国の日本としては物が売れない状況が続くでしょう。物が売れなければ企業は利益を伸ばすことはできません。

そして、利益が上がらない企業はどうするかといいますと、多額の出費である広告費と人件費を削ろうとします。すると、新卒の募集人数が大幅に減ってしまうわけです。しかし、新卒予定の学生たちは、そうした大幅募集減の状態にあっても、就職しようとします。当然です。

ところが、単純に考えて、100パーセントの募集があれば応募者は基本的に全員就職できることになります。しかし、100人の応募者(学生)に対して70パーセントの募集しかなければ、就職できるのは70人だけで、あとの30人は就職できなくなってしまいます。 ちなみに、バブル経済の頃の就職率は、大学卒業者で80パーセント以上あったのですが、バブル崩壊後の2004年には約56パーセントでした。内訳は、男子56パーセント、女子60パーセントと、2000年以降は女子の就職率が男子より高くなっています。

ようするに、自分が就職すれば誰かが就職できないわけで、逆に他人が就職して自分が就職できない場合もあるわけです。しかし、何とか就職したい、誰しもそう思って就活を行うわけです。ただし、思うだけでは結果は得られません。では、見事に就職した先輩たちは、一体どのようにして勝ち得たのでしょうか。

就活は、学校の掲示板に企業の募集が張り出されたときから始まっています。そして、様々な情報を分析し、自分の志望にあった企業を選択していきます。写真など準備するものもあります。学科試験に備えての勉強や、面接に備えた準備も必要です。そうした、様々な備えを怠りなく、就職試験に臨むわけです。

経済の動向は依然として不透明であり、アメリカが咳をするとすぐに日本は風邪を引くような状況です。大企業だから絶対に安心というわけにもいきません。しかし、そうした状況下にあっても、勝ち組に入りたければ正しい知識を持ち、他人よりも優位に就職活動を展開することが大事です。頑張って、嬉しい春を迎えましょう。

就職する会社の人事制度がどうなっているかをよく見ておくことも大事です。

スポンサードリンク

Copyright (C) 就職活動の面接の現場 All Rights Reserved